情熱とは目標を見失わないこと

GRIT やり抜く力 4章の解説です。

やり抜く力とは何かを解説します。

 

北極星を目指して進む

やり抜く力は瞬発力というよりも

持久力に近いです。

一時夢中になって取り組んでも

継続できないのであれば

やり抜く力があるとは言えません。

それは一流になるにも、

それなりにスキルを身に付けるのにも

長い時間がかかるからです。

ひとつのことにじっくりと長い間

取り組むにはどうしたらよいでしょうか。

 

人生で大切にしたいことを明確にし、

自分のやっていることに

明確な方向性を持たせること

が必要になります。

たくさんある目標について

なぜそれをやるのか考えていくと

上位の目標が出てきます。

それを突き詰めていくと共通の目標、

人生で大切にしたいことにたどり着きます。

この階層構造の最上位に

位置する目標があることで、

小さな目標に取り組んでいても

道に迷わずに進むことができます。

やり抜く力がある人は最上位の目標が明確で、

それに沿った階層構造の目標を持っています。

やり抜く力がないということは、

最上位の目標が明確でないために

ちょっと大事な目標が複数あったり、

階層構造がまったくなく

夢だけが存在している状態です。

目標が複数ある場合には整理が必要で、

手段になっていないか確認したり、

共通する目的に沿ったものだけを残し

それ以外を捨て去ることで、

本当に重要なことに

エネルギーと時間を集中することができます。

 

上位の目標が人生でやりたいことであり

絶対に守らなければならないものですが、

下の目標はそれを達成するためにある手段です。

成果を出すには必死に努力することも必要となりますが、

より良い手段があるのであれば変更しても大丈夫です。

手段が目的にすり替わるのはよくあることですが、

上位の目標には粘り強さを、

下位の目標には臨機応変に対応するの良いでしょう。

目標を達成するために手段にこだわる必要はありません。

何度もやってダメなら別のやり方を試しましょう。

 

やり抜く力は以下の質問に答えることで

測定することができます。

奇数番号が情熱に関する、

偶数番号が粘り強さに関する項目で

5つずつあります。

全く当てはまらない(5点)~非常に良くあてはまる(1点)

5段階でスコアをつけます。

情熱と粘り強さでそれぞれスコアが出せます。

 

1 新しいアイディアやプロジェクトが出てくると、ついそちらに気を取られてしまう。

2 私は挫折をしてもめげない。簡単にはあきらめない。

3 目標を設定しても、すぐ別の目標に乗り換えることが多い。

4 私は努力家だ。

5 達成まで何か月もかかることに、ずっと集中して取り組むことがなかなかできない

6 いちど始めたことは必ずやり遂げる

7 興味の対象が毎年のように変わる

8 私は勤勉だ。絶対にあきらめない。

9 アイディアやプロジェクトに夢中になっても、すぐに興味を失ってしまったことがある。

10 重要な課題を克服するために、挫折を乗り越えた経験がある。

著者本人のホームページにグリットスケールが公開されています。

https://angeladuckworth.com/grit-scale/(英語です)

 

次回

GRIT やり抜く力 5章の解説です。

やり抜く力を伸ばすことはできるのかを解説します。

 

所感

人生でやりたいこと、大事にしたいことがはっきりしている。

価値観や信念が明確で、それに沿った目標が並んでいて

それを実現する手段に取り組んでいる。

そんな状態であれば北極星を見て

北に向かうことができるように、

自分を見失わず生きていくことができますね。

 

人生で大切にしたいことが

はっきりしていない人もいます。

他人に良いと言われたり世の中で評判が良いことを

目標としてモヤモヤしている人もいます。

自分のやりたいことがわかっていても

今の仕事では実現できなくて悩んでいる人もいます。

目標に向かって頑張っていても

いつの間にか手段にこだわってしまって

時間を浪費する人もいます。

選んだ手段ですぐ目標を達成できるわけでもありません。

目標があっても初心に却って

確認しなければ忘れてしまうでしょう。

自分が大事にしたいことを見つけるのも大変ですが、

それを忘れずにいることはさらに大変でしょう。

究極の目標を持てたら情熱と粘り強さが手に入るのか

というと違うと思います。

目標を見失わなずにいるという努力も必要です。

ただ困ったときに帰ってこれる場所がある

のは安心できるかもしれません。

情熱を維持する方法について

本書でどうカバーされるのか楽しみです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA