プライベート生活を充実させるには

SINGLE TASK一点集中術 7章の説明です。

今までオン時間である職場の過ごし方を

中心に説明してきました。

今回はオフ時間、プライベートでの過ごし方について説明します。

 

プライベートのチェック

プライベートでも仕事と同様にマルチタスクに

なっていないかチェックしてみましょう。

対人関係の観点では

相手の話を聞くふりして他の事を考えている、

誰かと一緒にいるのにスマホをいじっている。

個人の観点でいえば、

プライベートでも仕事のことを考えているなどです。

無意識にできない行動を同時に二つやろうとすることが

マルチタスクですので、他にもいろいろ出てくるでしょう。

私の場合は人の話を聞いているときに

他の事を考えてしまうことがあります。

というより何か考えている最中に話しかけられて

聞いているふりをしているが正しいでしょうか。

またプライベートでも何かをしながら

仕事や私生活の悩みをつい考えてしまったり

浮かんだ思考にタスクスイッチしてしまったりしています。

 

食事に集中する

食事は良い例です。

何か見ながら食べてませんか?

テレビやスマホ見ながら食べると怒られませんでしたか?

今何を食べているのか、歯ごたえ、味、匂い、満腹感、見た目など

集中していると普段気づかないことに気づく良い練習になります。

他の事をやっていると食べ過ぎてしまい、

やっちゃったと後悔しますよね。

動画見ながらお菓子を食べていると

いつの間にかなくなっているのはあるあるじゃないですか?

 

プライベートへの悪影響

プライベートでマルチタスクの悪影響は

仕事以上に大きいかもしれません。

大事な人と過ごしているのにマルチタスクをしていれば、

相手に集中しておらずないがしろにしている

と受け取られてしまいます。

自分のことについても自分がやろうとしていることに

集中していなければ休日を無駄に過ごすことになります。

たいしてやりたいことじゃないのに時間を使っちゃったとか、

今日もやりたいことができなかったなとか

自分を大事にせず裏切っていることになります。

休日をどう過ごしたか覚えていないような状態では

ただ時間を浪費しているだけであり、

大事なことを忘れているような感覚から抜け出すことができず

生き甲斐のない不幸な人生を過ごすことになってしまいます。

 

プライベートでのシングルタスク

プライベートでやることは仕事と違い、

全て自分が選択したことです。

自分で選んだことには責任を持ち真剣に取り組みましょう。

あまり気乗りしない、疲れていてやる気がない、

それでもやることを選んだのであれば集中することが大事です。

自分にとってより大切なこと、より難しいこと、

良い結果になりそうなことを選び続けることで

満ち足りた気分になることができます。

自分にとって大事なことを意識するわけですから、

やりたいことを見つけたり信念を確立することもできます。

さらに選択したことに没頭することによって幸せになることができます。

他の事を考えずに一つのことに夢中になっているのは楽しいですよね。

さらに言えばその状態では個人の力を最大限発揮しています。

そんな状態はつまらない、自分には必要ないという人はいないでしょう。

シングルタスクをすることは充実した人生を過ごすための大きなヒントなんですね。

 

次回

総集編です。全体を整理して説明します。

 

所感

最終章になりました。

プライベートの過ごし方も重要ですが、

プライベートのほうが誘惑が多くマルチタスクになって

無意味に過ごしてしまいがちじゃないでしょうか。

休日はなんとなく過ごしたなと思うことも多く、

シングルタスクの難しさを感じます。

なぜならいろんな誘惑がある環境下で

自分を見失ってしまっているからです。

自分の本当の気持ちややりたいこと、

大事にしたいこと、信念がわからないんですね。

だからこそ集中を取り戻すことは自分を取り戻すことにつながるんだと思います。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA